脂肪燃焼に最も効果的な時間帯!ジョギングおすすめ時間!

ダイエット

それはズバリ!
お腹がすいている時間です!笑

元祖おっさん
元祖おっさん

・・・なめとんか!!

おっさん
おっさん

言われると思ったわ。汗

ではわかりやすくお伝えしていきますね!

ダイエットに効果的な食事法

早速ですが、次の食事方法のうちどちらが医学的に効果ありと思いますか?

  1. 常に少量の食べ物を食べて空腹時間を作らない
  2. 朝少し食べてお腹がすいても我慢して夜食べる



ぱっとみ1のほうが体に負担なく食べるのも少量なので痩せそうですよね。

しかし正解は2なんです!

空腹を感じるということはエネルギーの源である糖分が少ない状態を指します。
糖分が少ないとき、体は予備エネルギーとして蓄えている体脂肪を利用して足りない分を補おうとします。

そう、その時に体脂肪が燃焼するのです。

ダイエットに効果的な運動時間帯

つまり、ダイエットに効果的な運動時間とはお腹がすいているとき、ということになります。

元祖おっさん
元祖おっさん

なめとんか!
腹減ってるときに運動とかできるかい!

それができるんです。

朝起きてすぐは、副交感神経が優位に立っており、交感神経が活発になっていない状態です。
また、寝ている間は腸肝の動きが緩やかになっているため、起きてすぐはまだ動いていない可能性が高いのです。

その朝の時間を使って運動する
これがベストな運動時間ということです。

おっさんも朝活の一環でよく朝ジョギングしているのです。
効率的に体脂肪を燃やすことができていますね。

以下ブログもしっかり読んで朝走り出しましょう!!

まとめ:ここだけ注意点!あとはやるのみ!

空腹時の運動。
実はこれには注意点があります。

体の中に糖分が少ない状態ということは、体は低血糖状態にあるといことです。
車に例えると「ガソリン切れ」の状態ですね。

その状態でジョギングすると「ハンガーノック」の状態になる可能性があります。

おっさんも経験があるのですが、ハンガーノックになると手足がしびれてきたり、
頭がぼーっとしてきてうまく言葉が発せられなかったり、身体がうまく動かせなかったり。

ひどい場合は意識を失うこともあるようです。

そうならないためにも、ポケットには飴玉とコンビニに駆け込めるだけの小銭(もしくはスイカや決済機能が付いたスマホ)をもって走るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました