これを知ってメタボ対策!太ることのデメリット!【日常生活編】

ダイエット

今痩せている、または通常体型の皆様、
太ることのデメリットをしっかり押さえておこう。

そうすることによって、

  • 生活改善をしようと思うだろう
  • 暴飲暴食防止につながるだろう
  • 運動をはじめようと思うだろう
元祖おっさん
元祖おっさん

ついに語るんか?
20代後半のあの悲劇を。。

おっさん
おっさん

あぁ、、もう決めたよ。

もうあんな辛い思いをみんなに味わってほしくないんだ!!

これを知ってメタボ対策!太ることによる悲劇!

さて、今から4つのカテゴリに分けてご紹介していきます。

服装、自転車、汗ジミ、接待。。

元祖おっさん
元祖おっさん

どれもこれも涙なしでは語れん話やな。。

おっさん
おっさん

・・・もう泣かない。。

服装編

太っていっているとき、正直気づかないんですよね。
自分が太りだしてるって。

気づくのはいつも着ている服がきつくなってからです。

ここで、絶対やったらダメなことはこれ!

「一回りサイズの大きい服を買う!」

です。

私の場合はこんな感じでした。

Mサイズ ⇒ Lサイズ ⇒ LLサイズ

なんとたった2年の間で2サイズも増加したのです。

スーツの場合

私は会社勤めなのでスーツでの仕事です。

スーツの寿命ご存じですか?
よく言われているのが3年~4年と言われています。

私の場合は2年と言う短期間で2着×2回、スーツを買い変えました。
シャツ代も含めると金額にして約10万円ですね。

なんてもったいないことを。。

ちなみに、1着お尻がやぶれたズボンもあります。。
恥ずかしすぎる。。

私服の場合

正直、私服なんてさらにひどいです。

Mサイズ時代、自分でいうのもなんですが、そこそこお洒落にきめてました。

Lサイズはまだ何とか頑張ってました。
頑張り方は太ってるのが極力目立たないような服を買おうという観点です。

LLサイズになるともう諦めます。
私服なんてほとんど着ないじゃん、ということでUNIQLOで購入したのスウェット!
これのみでしばらく生活してました。。

もうね、すべてにおいて諦めてるんですよね。。

自転車編

私は当時自転車で通勤していました。
その時乗っていたのがとあるメーカーのクロスバイク。

そもそもタイヤが細いってのもあるんですが、1ヵ月に1回はパンクするんです。

パンクって知ってます?
すぐに大半の場合すぐに空気が抜けるのではなくて徐々に空気がなくなる感じです。

例えば、仕事終わって自転車で帰ろう!
とか
朝起きてさあ自転車で会社行こう!

って時に乗れないんですよ。。

正直チャリで30分くらいの距離なら、家から公共機関のところまで歩いて、
それから通勤するよりも全然早く着くのです。

だから、パンク!!!
ってなると遅刻率上がりますよね。。

それで急いで会社にいくと更なる悲劇が襲ってくるのです。

汗ジミ編

遅刻だーーー!!!

ってなると、走るわけですよ。
走るって言っても早歩きくらいですよ!!

そんなこんなで会社に着いて上着を脱ぐと、、
背中、ワキ、にべったりと汗ジミがついてるんです。。

当然時間がたてば臭いますよね。。
自分でもわかるんです。

「臭い」って。。

汗拭きシートなんかじゃ追いつきません。。

接待編

これが実は一番つらかった。。

サラリーマンには接待ってありますよね。
仲のいいお得意さんと行くとまあ食わされる食わされる。

よくトイレで吐いてましたよ。

まぁ今こんなことやってると、パワハラでかなりたたかれるから、
さすがにもうないと思いますけどね。

こんなこと繰り返してたら、痩せたいと思ってももう無理でした。。

まとめ:どうやって痩せたの?

もはや聞くまでもないですね。
太りたいはずがないですよね。

では、この後どのようにしてマイナス20キロまで体重を減らしたんでしょうね?

気になります??

元祖おっさん
元祖おっさん

もったいぶらずに教えてやってくれ。

<br>おっさん

おっさん

ですね!
では明日以降で記事にしていきますね!

楽しみにしておいてくださいねー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました